DYRE108

第22回 神戸景観・ポイント賞

■神戸では「デザイン都市・神戸」を推進する一環として、神戸らしい魅力ある景観やまちなみをまもり、そだて、つくる取り組みを進めています。
「神戸景観・ポイント賞」では、周辺の景観と調和しながらも個性を発揮し、また、まちの中できらりと光る建築物やまちなみ屋外広告物を表彰することにより、市民や事業者のみなさまに景観に対する理解と意識を高めていただくため、昭和61年度から実施しています。

第22回 神戸景観・ポイント賞/屋外広告物賞 受賞
ダイヤ108のサイン

■控えめながらも存在感が光るサイン
旧居留地に建つ商業ビルの屋外広告物。広告物の素材・形態を厳選し、建物のファサード部分とのバランスがよく取られている。
控えめで洗練されたサインが、旧居留地にふさわしい落ち着いた印象を与えている。

■授賞式
授賞式は平成22年2月22日に行われました。
神戸市長から賞状、トロフィーの授与を受ける。

『ダイヤ108』を建てるにあたり、多くの人のアドバイスや協力により今は亡き建築デザイナーの吉尾浩次の作品として神戸に残ったことは私にとって何より嬉しいことです。大変感謝しております。

写真左/「吉尾浩次の作品と感性(万来舎)」